読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

公務員の副業なら不動産投資で決まり!

公務員による公務員のための不動産投資の通達

意外と身近な懲戒処分

ニュースでも度々公務員の不祥事が報道されていますが、実はあれらは懲戒処分のほんの一部でしかありません。

国、地方問わず、全国では連日懲戒処分や分限処分が行なわれています。

そして、驚かされるのはその内容です。

例えば、交通事故。

誰も好きで交通事故を起こす人はいません。

しかし、交通事故起こしたという理由で公務員は懲戒処分になるのです。

完全にプライベートなものであってもです。

理由は公務員が交通事故を起こすと「信用失墜行為にあたる」のだそうです。

はい?(笑)

なんで交通事故を起こせば信用失墜行為にあたるのか全く意味がわかりませんが、あちこちで懲戒処分が行なわれています。

もちろん、酒気帯び運転で交通事故を起こせば信用失墜行為になるでしょう。

でも、単に自転車と少し接触したからや、後ろから追突されたから等、特に怪我を負わせてなくても交通事故を起こしたから、ハイ停職、減給なんてことがされてしまいます。

交通事故に関しては、気をつけましょうとしか言いようがありませんが(笑)、不動産投資で懲戒処分になってしまう公務員も本当に沢山います。

結局、役所というのは規則規則でルールを守ること自体が仕事になっているので、あまりそこに囚われすぎるのも考えものです。

ルールがあるなら、きちんと対策しましょう。

不動産投資については、親から相続して賃貸業を管理業者委託の下、引き継いでいた、なんてことでも普通に懲戒処分になってしまいます。

当然、管理委託もしていて本業に支障が出るわけがありませんし、相続放棄するなんて全く意味不明です。

はっきり言いますが、公務員は不動産投資をして大丈夫です。

ただし、兼業禁止規定をきちんと理解してからです。

少しでも不動産投資に関わる公務員の方は必ず兼業禁止規定を正確に理解しましょう。

その際には、どこかの不動産業者が流している情報ではダメです。

ネット上では本当にデタラメばかりが書かれています。

 

daimonjiya.wixsite.com