公務員の副業なら不動産投資で決まり!

公務員による公務員のための不動産投資の通達

リスク嫌いの公務員のマインドリセット

不動産投資という言葉を聞いて、公務員の人ならば大半が、リスクばかりが頭に浮かぶことでしょう。

「人口減少で空き家問題が多発しているのに大丈夫か?」

「空室が続いたらどうするんだ?」

「家賃が下落するとどうするんだ?」

「建物の修繕費が多額にかかるんじゃないか?」

「火事や地震も怖いな…」

「そもそも借金自体したくない」

こんな事を考える事でしょう。

しかしそれは当然で、そもそも公務員とはリスクを考える仕事なのです。

公務員は基本的に給料が歩合制ではありません。

どれだけ頑張って成果を上げても給料は同じです。

しかし、反対にちょっとでも問題を起こせば左遷や懲戒処分などが待っています。

そのため、極力リスクを避けた仕事方法になっていきます。

リスクを取ってでも大きなリターンを狙いにいくような考え方はないわけです。

普段の仕事でもそうしているはずです。

「この行政処分は適法かな?」

「審査請求されないかな?」

「郵送物に誤送付はないかな?」

個人情報流出にならないかな?」

「上司に怒られないかな?」

こういうことには相当敏感になっているのでしょうが、一方で多少リスクを取ってでも大きなリターンを得るような仕事はしないはずてすし、そもそもそういう姿勢が求められていません。

とにかく、問題を起こさないようにする。

これが公務員のマインドなのです。

これが良いか悪いかはさて置き、不動産などの投資やビシネスの世界では、リスクを取ってでも大きなリターンを得るというマインドが大切です。

そして、リスクを最小限に抑えながら、リターンを最大限にするのが、優秀な投資家と言えるでしょう。

リスクに敏感であることは、決して悪いことではありません。

むしろ、リスクを深く考えずに見切り発車的な投資をしてしまう人は、間違いなく破綻します。

リスクに敏感でありつつ、そのリスクをどうすれば最小限に抑えることが出来るのか。

そのために、きちんと体系的な知識を学ぶ必要があります。

 

daimonjiya.wixsite.com