読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

公務員の副業なら不動産投資で決まり!

公務員による公務員のための不動産投資の通達

衝撃‼︎公務員の給料明細

人事院より、またしても国家公務員の給与を削減する勧告が出されました。
次にターゲットになったのは、「扶養手当」。女性の社会進出の妨げとなっている扶養手当を無くす方向になりました。

この勧告には一定の理由があるので良いと思いますが、昨日はワールドビジネスサテライトにおいて、某省庁に勤務する30代男性の給料明細が公開されました。

なんと、手取りたったの26万円!!

妻、子供2人がいて、扶養手当を受給していてこの手取りです。扶養手当が廃止されるのでこれよりもさらに下がります。

民間企業に勤める方からは、それでも公務員の給料は安くないと言う人がいるかもしれません。

しかし、公務員の人にとっては、一流大学を出て、難関の公務員試験を突破して、世間からいわれのない批判を浴びさせられながら、毎日朝から晩まで真面目に働いているのに、これだけの給料で納得とはなるはずがありません。

26万円では、とてもじゃないですが4人家族で生活は出来ません。

妻には子育てや家事で忙しい中で近所のスーパーにでもパートに出てもらい、それでも余裕はないので、節約してストレスの溜まる生活を余儀なくされます。

それだけではなく、子が進学するにつれて、学費の負担も大きくなるので、莫大な奨学金つまり借金を背をわせて社会に送り出さなければなりません。

しかも、公務員の給与待遇は今後ますます悪くなるということは、誰もが分かっていることでしょう。

一方、皆さんの同僚の中には、なぜか余裕のある生活をしている人がいると思います。

しかし、その人は単に裕福な家庭で育ち、親から多額の援助を受けているはずです。

親から援助を受けて生活するということは、ずっと親から束縛される人生を送ることになります。

「金出す奴は口も出す」

これは社会の絶対的な法則であります。

惨めな人生を送らないためには、公務員としての給料以外にも収入を得るよう努力することをお勧めします。

そして、それには不動産投資しかないと断言できます。

皆さんがそれでも、自分で副収入を得る手段を模索してみるのはいいかもしれません。

しかし、それは私が散々してきたことです。

皆さんは無駄な努力をする必要がありません。

 

daimonjiya.wixsite.com