現役公務員が教える正しい副業

公務員による公務員のための不動産投資の通達

【兼業カミングアウト】

 

公務員の方ならほとんど、定期的に上司との「自己申告面談」というものがあります。

先日、新しい職場で初めての自己申告面談がありました。

私は毎回この面談で、「兼業のカミングアウト」をするようにしています。

面談の最後に何か言っておきたいことはないか?と聞かれると、

「僕、兼業してます。」

と、サラリと言います。

意表を突かれた上司(課長)は必ず、ポカーンという顔をして、

「え。。。そうなの?」

という反応をします。

その言葉の裏には、「うわ、部下で懲戒処分がでちゃうのかな。とすると、管理監督責任を問われるのかな。。。」という思いを巡らせているのだと思います。

そこで私は次に、

「不動産業なのですが、既に兼業許可を取得してやっています。本業に支障は全くありませんが、一応課長には伝えておこうと思いました。」

と説明します。

すると上司は、ホッとしたと同時に意味深な様子で、

「あ、そうなんだ。へー、そうなんだね。。。」

と、かなり興味を持っている様子でした。

おそらく、管理職は兼業許可制度があることは、知っているのでしょうが、実際に兼業をしながら堂々としている私をみて色々考えているようでした。

その上司は40代後半ですが、私からすると羨ましい属性なのに、おそらく何の資産形成もしていないのでしょう。

公務員という職業を20年以上も続けている時点で、世の金融機関からはスーパーマン扱いです。笑

先日、私の学生時代からの親友であり、不動産投資の師匠であるT君も、

「ほんと公務員は強いよなー、なんでもっと金借りないの?(笑)」

と言ってました。笑

T君は、最近また一億近くの物件を購入するようですが、T君ほど経験と資産があっても、金利などの条件面では公務員に勝てないようです。

勤続年数20年の課長なんて、ほんとは最強です。

「課長、あなたは自分の本当のチカラに気づいていないんですよ!!!」

と言いたかったですが、自重しました。笑

 

 

【LINE@友達追加で「㊙️公務員の兼業兼職Q&A」プレゼント!】

世間には絶対に出てこない公務員の副業に関する疑問をQ&A方式でまとめた超貴重マニュアルです。

公務員の方は自分の身を守るためには、必ず一読する必要があります。

LINE@友達追加で無料でプレゼントします。

既に友達になっている人は、キーワード「公務員」とメッセージを送信すれば受け取ることができます。

LINE@友達追加はこちら↓
https://line.me/R/ti/p/@azp3845s
もしくは「@azp3845s」(@をお忘れなく!)でID検索。質問にも直接回答させて頂いております!

f:id:daimonjiya0701:20180613122233j:image